「あなたの大切な家を支える地盤のこと」「ぐっすり眠れる家」の構造計画を考える構造設計事務所です。木造軸組建物の耐震等級計算、許容応力度設計による土木と建築を融合した構造計画をご提案いたします。

べた基礎・布基礎

基礎の構造方法

  ※建設省告示第1347号より

建築基準法施行令 第38条第3項および第4項の規定にもとづき、建築物の基礎の構造方法および構造計算基準を次のように定める。

地盤の長期に生じる力に対する許容応力度
(改良された地盤にあっては改良後の
許容応力度とする)
基礎杭
を用いた
構造
べた基礎
を用いた
構造
布基礎
を用いた
構造
20kN/㎡未満
20kN/㎡以上30kN/㎡未満
30kN/㎡以上

べた基礎

  べた基礎の形状は建物の下部根切り底全面に砕石・割栗を十分に締固め、その上に鉄筋コンクリートの床盤(基礎スラブ)をつくります。外周部には地中梁を設け、その底部の高さを凍結深度以下(根入れ深さ)として設計します。また内周部(耐力壁直下)にも地中梁を設置します。

べた基礎は建物の荷重を全体で受け止め、分散する効果があるので軟弱地盤などに適していますが、不同沈下現象も起こりうるので注意したい。

基礎スラブの底面積の算定式

布基礎

 布基礎の形状は逆Tの字型で底盤(フーチング)幅や立ち上がり部の設計は地域の凍結深度、荷重条件、敷地の地耐力などより設計します。建物の外周部、耐力壁の直下に配置、鉄筋コンクリートの基礎梁と底盤から構成されます。

布基礎の底盤幅は、地盤の長期に生じる力に対する許容応力度および建築物の種類に応じて、次の表に定める数値以上の数値とすること。ただし、基礎杭を用いた構造とする場合にあっては、この限りでない。  

地盤の長期に生じる力
に対する許容応力度
木造建物
鉄骨造建物
その他これに類する
小さな建物
木造建物
鉄骨造建物
その他これに類する
小さな建物
その他の建築物
(単位:kN/㎡)平屋建て
基礎底盤の幅(cm)
2階建て
基礎底盤の幅(cm)
3階建て
基礎底盤の幅(cm)
30以上50未満の場合304560
50以上70未満の場合243645
70以上の場合182430

 

木造軸組2階・3階建て建物の構造計算、【意匠・構造】申請図作成のご相談など、お気軽に。

全国対応。zoomによる打ち合わせ対応可。個人のお客様・建築主様も対応可。お見積り無料。

営業時間 9:00~18:00(定休日:土・日曜日) TEL 045-507-7871 横浜office


お問合せのメールはこちらをクリック↑(メールソフト起動)

KJG twitter

KJG instagram


Copyright © 株式会社KJ GLOBAL一級建築士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien