「あなたの大切な家を支える地盤のこと」を考える構造設計事務所です。地盤調査~木造軸組建物の耐震等級計算、許容応力度設計による土木と建築を融合した構造計画をご提案いたします。

構造計算フロー(KIZ)

木造3階建て(軸組工法)建築物の構造設計業務の作業フロー

計算プログラム:KIZKURI ver.6.8 (有限会社木造舎)

作業項目
作成する項目、図面名
検討事項
作業内容、検討結果
1.準備意匠図(平面図、立面図、断面図など)
最終変更図(意匠確定)
CADデータの受領後、
構造設計を開始
2.地盤の確認地盤調査書
ロケーションデータ
ボーリング柱状図
SS試験データ
地盤強度の確認
現場の土質、地質を確認
地盤の弱点箇所の把握
3.基礎形式の決定地盤地耐力(許容応力度)の確認仮設定ですので
建物荷重によって最終判断
4.構造仕様の決定主要構造部材の
「KIZUKURI」へデータ入力
床、柱、壁、梁、小屋組、屋根など
5.耐力壁の設計必要壁量の算出意匠と構造のフィードバックしながら進行
6.中間報告①地震時・風圧時の必要壁量
壁倍率
偏心率
層間変形角
各種数値の確認
主に耐力壁の配置と仕様を決定
7.柱、梁の設計外周柱・内周柱の小径
横架材、集成材の設計
耐風梁
柱のめりこみ、ほぞ設定
梁せい、スパン(材長)の確認
8.水平構面の設計水平構面の剛性、許容せん断力の計算
階段、吹抜、火打ち等
水平構面の仕様決定
9.金物の設計接合部
引き抜き力
短期許容耐力計算
柱頭柱脚金物の決定
仕口・継手(梁)の仕様
10.中間報告②使用材料の確認
仕様確認
柱の検定結果
梁の検定結果
金物の選定結果
主に柱・梁の材種と材寸を決定
11.二次部材の設計床根太
母屋
垂木
各部材の材種と材寸を決定
12.基礎の設計スラブ配筋
地中梁配筋
基礎形式と形状を最終決定します
13.仕様決定と最終確認各項目の最終仕様を確認意匠と構造の相互確認
14.計算書作成構造計算書の作成PDF仮納品
確認後構造図着手
15.図面作成構造図の作成
標準仕様書の作成
16.納品安全証明書の発行(3号建築物)
構造計算書の納品
構造図の納品
確認申請書添付用
構造計算書と構造図を
PDFにて納品
17.審査機関対応構造部門の質疑対応
18.確認済証の交付設計業務の完了着工準備

木造軸組2階建て、3階建て建物の構造計算のご相談など、お気軽に。お見積り無料。 TEL 045-507-7871 横浜office

03-5403-6533 東京office

お電話による受付時間 9:00~17:30(月曜~金曜)

メールはこちらからどうぞ↑(メールソフト起動)

KJG twitter

Copyright © 株式会社KJ GLOBAL一級建築士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien