「あなたの大切な家を支える地盤のこと」「ぐっすり眠れる家」の構造計画を考える構造設計事務所です。木造軸組建物の耐震等級計算、許容応力度設計による土木と建築を融合した構造計画をご提案いたします。

耐力壁の配置

耐力壁の配置バランス(4分割法)について

阪神淡路大震災の教訓を得て、木造建築の耐力壁配置についてのルールが追加されました。

それが「4分割法」で、平成12年の建設省告示 第1352号の軸組配置の4分の1ルールで外周の4面すべての面において4分の1以上の耐力壁が必要というもの。

IMG_0379

各階、各方向(東面、西面、南面、北面)の側端から建物の(短辺・長辺)長さの1/4の範囲内にある耐力壁が床面積当たりの必要壁量を満たしているかどうかチェックする法令です。

これにより方向、方向、壁の配置バランスがよくなり、地震力・風圧力に対して強い建物となります。

※計算方法の具体例

 

木造軸組2階・3階建て建物の構造計算、【意匠・構造】申請図作成のご相談など、お気軽に。

全国対応。zoomによる打ち合わせ対応可。個人のお客様・建築主様も対応可。お見積り無料。

営業時間 9:00~18:00(定休日:土・日曜日) TEL 045-507-7871 横浜office


お問合せのメールはこちらをクリック↑(メールソフト起動)

KJG twitter

KJG instagram


Copyright © 株式会社KJ GLOBAL一級建築士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien